調剤薬局 株式会社 第一薬局

調剤薬局 株式会社 第一薬局

  • 更新履歴
  • 会社案内
  • 店舗紹介
  • お役立ち情報
  • リンク
  • サイトマップ
トップページお役立ち情報>いろいろ情報コーナー
お役立ち情報へようこそ!

このコーナーでは日常生活の中で、少しでも皆様のお役に立てる情報を、お伝えできればと考えています。
お気軽にお立ち寄りください。

いろいろ情報コーナー Q&Aコーナー ジェネリック医薬品Q&A
2009年09月16日
こどもの薬〜飲ませ方と注意点〜

こどもが病気になったときに一番困るのは、処方された薬を嫌がって飲んでくれないことです。
少しでも薬が飲みやすくなるよう、飲ませ方の工夫や注意点などを紹介したいと思います。


<新生児〜乳児期(生後0〜1ヶ月未満)〜(1ヶ月〜1歳未満)>

水薬の場合
<ほ乳瓶の乳首で>
ほ乳瓶を使う赤ちゃんなら、空の乳首を口に含ませ、ちゅぱちゅぱ吸い出したらそこに薬液を入れて吸わせます。

<スポイドで>
スポイドで薬液を吸い上げ、ほっぺの内側に流し込みます。(ほっぺの内側だと味がわかりにくいです。またのどの奥の方に入れると、咳き込みやすいので要注意〉

粉薬の場合
・お薬をほんの少量の水で練って、練りわさび程度の硬さにし、こどもの上顎やほっぺの内側に塗り付けるようにしてください。

・薬をミルクに混ぜて飲ませると、ミルクの味が変わったり、薬の臭いがミルクに移ったりしてミルク嫌いの原因になります。

・粉薬の中には、原薬の苦みをカバーするためにコーティングをしているものが多く、酸性のジュース等で服用したり、溶かしてから時間が経つと、コーティングが溶解して苦みを発現するくすりもあります。

・「はちみつ」は味も濃く、臭いも強いためお薬の味をごまかすのにはいいですが、1歳未満のお子様には、ボツリヌス菌感染の原因になるので、「はちみつ」を使用しないでください。

<幼児期(1〜5歳)>

味覚や好き嫌いが多様化し、本人の意志が出てくるため、服用が難しくなってきます。
基本的には、薬を他のものに混ぜず、水やぬるま湯で飲ませる習慣をつけさせます。
嫌がるときは、服用補助ゼリーやチョコレート味のアイス、ココアなどを加えると良いでしょう。

薬を嫌がって激しく泣くこどもに無理に飲ませると、薬が気管に入ってしまうことがあるので、 いったん休んで様子をみてから適切な方法を考えます。 服用時には、苦い薬を甘いとごまかしたり、しかったりせず、薬がどうして必要なのかをちゃんと説明して、飲めたら褒めてあげることが大切です。

←前 バックナンバー 次→

トップページ 戻る
薬剤師募集案内